2020.3.25【sakesaka-style~水曜日のソロキャンパー】開設しました。50代のおっさんサケサカが、真剣に稼ぎ、真剣に遊ぶ! 趣味のソロキャンプやお酒をはじめとした好きな事・好きな物、そしてお仕事の事などを全力で語り尽くすブログです。

ガンプラジオラマ・ストーリーボード|ゴッグ【ジャブロー潜入~崩壊への序曲~】

ゆったりと流れるアマゾンの大河。

その雄大な流れの端から、俺たちの機体は水面へと顔を出した。

水陸両用モビルスーツ MSM-03【ゴッグ】3体からなるオレたちの小隊の任務は、偵察隊から報告のあったポイントより連邦軍の一大基地・ジャブローに侵入し、友軍侵攻の橋頭堡を作るというものだった。その為、先行した偵察隊のもたらした情報と微かな発信機のビーコンを頼りに大河の底を、ここまで文字通り這うようにして進んできた。

万が一にも敵に悟られぬよう通信回線は遮断しているため、僚友機と接触交信以外の方法で連絡を取り合うことことはできない。

仕方なく俺はゴッグのアイアンネイルを振ってみせ、後続の仲間へジェスチャーによりこのポイントから上陸する事を告げると、生い茂った熱帯雨林の木々を払いのけながらゴッグの巨体を河岸へと上陸させた。

これで連邦の鼻を明かす事が出来るってモンだぜ。

ほくそ笑みながら俺は先を見やる。

もっとも、この行動のすべてが連邦の監視下にあり、この上陸作戦の情報が筒抜けだったなんて、この時の俺には知るべくも無かったんだがな・・・。

2014.3.23

当時友人が開催していた、ガンプラの水泳部コンペ(水物MS縛りのコンペですね)に参加するために作った作品。

塗装に関してはカエルやイグアナなど、両生類や爬虫類を思わせる緑系の色でまとめてみましたが、逆に上手い感じで迷彩にもなってますね。

アマゾン川流域にある連邦軍のジャブロー基地に潜入するとすれば、アマゾン川の淀んだ色や周辺の密林に溶け込める、こんな色なんじゃないかとの想像の元決めた色合いで、個人的にも気に入っています。

ビネットは、アマゾン河から上がってくるところを表現していますが、アマゾンは流れもゆったりとしていて、すんだ河というより濁った沼のような水面ですので、そんな事を意識して塗ってあります。

そしてゴッグの周りは波立つ水面を表現。

ゴッグ自体にも、ウェザリングまですべて終えてから、モデリングウォーターとウォーターエフェクトを使い、水中から上がってきたばかりの機体の濡れと滴を表現してみました。

いかがでしょうかね?

ちなみに細かい部分をみると

慌てて逃げ惑う水牛がいます。

さらに、ストーリーボードの最後にも関連しますが、このジャブロー潜入ミッションは、アニメでもジオン軍の作戦失敗へと繋がっていきます。

それを表現する伏線として、このゴッグの上陸は連邦軍側に筒抜けだったということで、

見張っていた連邦軍兵士をアクセントとして配置してみました。

小さいヴィネットですが、うまくまとまった作品として気に入っています。

まぁ、フレークペーパーを使って作ったヤシの木は、6年後の現在ではすっかり変色して枯れた葉っぱのようになっちゃいましたけどね(^_^;)

Twitterもやってます!